2012年08月08日

S31HWのシステムアップデート

emobileのオリジナルシステムに戻し遊んでいますが、公式サイトを見るとシステムのアップデートができるアナウンスがありました。

早速、システムアップデートができるか確認してみました。
「設定」-「端末情報」-「ソフトウェア更新」

するとアップデートシステムが実行され、ビルド番号が「U8150V100R001C26B831SP01」の最新にアップデートされました。

その後のシステムアップデートは無いみたいです。
一応最新システムのS31HWになりました!

posted by bourbon at 21:15| Comment(0) | TrackBack(0) | S31HW | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月06日

ルート化したS31HWをオリジナルAndroidをインストール

Android2.3のOSのインストールが成功しましたが、先日ダウンロードしたS31HWのオリジナルOSに戻しました。

今までと同じ様に、導入した「ClockworkMod Recovery」のメニューからインストール使用としたら出来ませんでした(T_T)

<必要なもの>
U8150-92 V100R001C26B830(Japan EMobile)
私はここからダウンロードしました。

<インストール>
(1) ダウンロードした「U8150-92 V100R001C26B830(Japan EMobile)」をパソコンで解凍します。
(2) 解凍して出来た「U8150-92 V100R001C26B830(Japan EMobile)」フォルダの下位にある「dload」フォルダーをMicroSDカードにコピーします。
(3) S31HWをシャットダウンして、その後、、「赤ボタン」+「音量+ボタン」を押しながら電源スイッチを入れるとリカバリーモードが立ち上がり、自動的にインストールが始まります。

以上で工場出荷時の状態に戻ります。
S21HTにAodroidを入れていた時に、特定のフォルダーのファイルを読み込んでOSのインストールをしていた事を思い出しました。

もしかすると、他のOSもリネームを行うだけでインストールができるかもしれません。
当然オリジナルに戻ったのでルート化を行うには最初から設定を行う事になります。

暫くの間、オリジナル仕様のOSで使うつもりです。
次回、チャレンジした時に報告します。

posted by bourbon at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | S31HW | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月01日

CyanogenMod 7.2の安定版のインストール・・・S31HW

前回、「CyanogenMod 7.2」をインストールしましたが、Wifiがコケて使えなかったので、「LFGideos X1」で運用をしていました。
どうしても使用したアプリケーションはAndroid2.3以降でないとインストールができないので再度、安定版のインストールをしてみました。

<必要なもの>
CyanogenMod 7.2
cm-7.2.0-u8150.zip

GApps
gapps-gb-20110828-signed.zip

・ClockworkMod Recovery(最新版)
私は「ROM Manager」を導入した時に「ClockworkMod Recovery」で導入しています。ちなみにバージョンは5でした。
既に「ClockworkMod Recovery」を導入している場合
Recovery_6.0.1.0.zip

初めて「ClockworkMod Recovery」を導入する場合
Recovery_Ideos_U8150-D_v6.0.1.0.zip

<インストール順序>
(1) 最初に「ClockworkMod Recovery」の最新版を導入します。
・ダウンロードした「Recovery_6.0.1.0.zip」をS31HWのMicroSDカードに保存します。
・S31HWをシャットダウンしてから、「緑ボタン」+「音量+ボタン」を押しながら電源スイッチを入れて「ClockworkMod Recovery」を立ち上げます。
・「install zip from sdcard」-「choose zip from sdcard」と進み、「Recovery_6.0.1.0.zip」を選択してインストールします。

(2) CyanogenMod 7.2の導入
・S31HWをシャットダウンしてから、「緑ボタン」+「音量+ボタン」を押しながら電源スイッチを入れて「ClockworkMod Recovery」を立ち上げます。
・「ClockworkMod Recovery」が正しくバージョンが「6.0.1」にアップグレードされた事を確認します。
・「install zip from sdcard」-「choose zip from sdcard」と進み、「cm-7.2.0-u8150.zip」を選択してインストールします。

導入には少し時間がかかりますので、我慢して待ちましょう!!

(3) GAppsの導入
・S31HWをシャットダウンしてから、「緑ボタン」+「音量+ボタン」を押しながら電源スイッチを入れて「ClockworkMod Recovery」を立ち上げます。
・「install zip from sdcard」-「choose zip from sdcard」と進み、「gapps-gb-20110828-signed.zip」を選択してインストールします。

以上でCyanogenMod 7.2安定版のインストールが完了です。
肝心のWifiですが今回は問題なく作動しています。

但し、MACアドレスが静的に記録(オリジナルとは異なる)されており、MACアドレス制限が掛かっているルーターへの接続ができません。
再度、「端末情報」-「端末の状態」でMACアドレスを調べてルーターに登録しましょう。

特に問題なく作動しました。

やっぱり安定版ですね。
特に、CyanogenMod 7.2の安定版(Stable)は色々な機種別にここに掲載されていますので、他の機種でも同じ様な手順でインストールができるかもしれません。

posted by bourbon at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | S31HW | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月28日

S31HW IDEOS8150のROMストックサイト

やっと見つけました。
S31HWのオリジナルROMがダウンロードできるサイトを見つけました(^_^)v

ダウンロードサイトはここです。

イーモバイル版以外にも日本バージョン(日本通信?)のROMも有ったのでダウンロードしました。

既に「Android.it」のダウンロードサイトからは日本バージョンのROMが無くなっているので貴重なサイトだと思います。

イーモバイル版は
U8150-92 V100R001C26B830(Japan Emobile)

日本通信?版は
U8150 V100R001C126B831SP03(Japanese)

でした。今後の検索用キーワードとしてメモしておきます。

posted by bourbon at 22:28| Comment(0) | TrackBack(0) | S31HW | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

S31HWのAndroid2.3導入失敗・・・(T_T)

ルート化したS31HWですが、Android2.3を導入しようと試みました。
起動はバッチリでしたが、WiFiを認識しません・・・。
調べるとWiFiのMacアドレスが見れないのが原因のようです。この事例は既知の情報らしいです・・・。

しっかりとバックアップを取っていたので、元に戻そうとしましたが、MicroSDカードに「Extパーティション」と「スワップパーティション」を切り直した時にMicroSDカードが初期化されオリジナルのAndroid2.2を削除してしまいました・・・。

Android2.3の導入ができましたが、WiFiが使用できないのでは使えません。
おまけに、初期化したりしていたら「RomManeger」が使えないとのメッセージも出るし始末です。
途方に暮れてメッチャ汗って色々と検索しました。

幸運な事に、ROM Managerが有ります。
S31HWはIdeosと同じだったのでカスタムROMがある事が判明し、導入をしました。

早速、ここから必要なものとインストール方法を学びました。

これを導入したら、S31HWはLFGideos X1 v3.1.2バージョンのカスタムROM仕様になりました。
結果、Androidのバージョンは2.2.2になりましたが全て機能するOSがインストールできました。
S21HTでAndroidを入れて遊んでいた時は色々と不具合が有りましたが、全く問題が無いのは素晴らしいです!
セットアップが終了して使用しています。

後は、S31HWのオリジナルROMがどこかのサイトからダウンロードできると良いけど・・・!

posted by bourbon at 22:15| Comment(0) | TrackBack(0) | S31HW | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする